HOME > 生産管理体制のご案内/用語
ステンレス鋼に関する用語について下記により簡単に説明いたします。なお、これより詳しい内容は、専門の書籍等をご参照ください。
光輝焼鈍
保護(水素/窒素等の不活性ガス)雰囲気中で焼鈍する事によって、表面の高温酸化及び脱炭を防止し、表面光輝状態を保持する焼鈍。
テンションアニール
形状改善や内部応力の緩和を目的として、張力を付与して低温(軟化等しない温度)で行う熱処理。
再結晶
冷間加工等を受けた結晶が加熱されて、内部応力が減少する過程に続いて、歪みが残っている元の結晶粒から内部歪みのない新しい結晶の核が発生/成長し、元の結晶粒と置き換わる現象。
変態
温度の上昇又は下降によって、ある結晶構造から他の結晶構造に変化する現象。
結晶粒度
顕微鏡観察断面に現出された結晶粒の大きさ。
焼入れ
鉄鋼製品を静止空気中よりも迅速に冷却する事からなる(水冷、油冷、風冷)操作。
焼戻し
一般に焼入れ硬化後、又は熱処理後に、特定の温度(Ac1未満)で、1回以上の回数均熱した後、適切な速度で冷却する熱処理。
サブゼロ処理
焼入れ後、残留オーステナイトをマルテンサイトに変態させる為に、常温より低い温度へ冷却し、その温度で均熱する熱処理。
時効
急冷又は冷間加工後、時間の経過に伴い鋼の性質(硬さ等)が変化する現象。
残留応力
外力又は熱こう配がない状態で、金属内部に残っている応力。
テンパーカラー
焼戻しの際に鉄鋼の表面に現れる酸化膜の色。
析出硬化
過飽和固溶体から1種以上の化合物が析出し鉄鋼製品が硬化する現象。
固溶体
2種以上の元素によって形成される均一な固体の結晶質の相。
過飽和固溶体
その温度での平衡溶解度以上に溶質を固溶している固溶体。
析出
固溶体から異相の結晶が分離成長する現象。
 
Copyright(C) 2007 KAISHIN IND. CO.,LTD. All Rights Reserved.
HOME / 会社案内 / 営業体制 / 生産管理体制 / 品質・環境への取組み / 採用情報 / お問合せ / サイトマップ